CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

デザインがしたいです。

ぼく書房 菊地寛 藤十郎の恋
菊地寛「藤十郎の恋」のブックデザインをしました。


判型:四六判変形(H188×W128) 38p 和綴じ
ページの地側(下側)を波形に切り取り、袋とじの内側に刷られた色を見せています。
H1(表)は、タイトルを入れず、黒い切れ目だけを見せています。
その切れ目からめくると…


タイトルとイラストが現れます。
イラストは、吹き消された蝋燭です。


本文:A1明朝 14Q24H送り 36W×13L
| ぼく書房 | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ぼく書房 田山花袋 蒲団 製作記その1
ぼく書房の次のモチーフは田山花袋(たやまかたい)の「蒲団(ふとん)」に決めました。
大扉のロゴです。

完成作品は個展にて展示します。
| ぼく書房 | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ぼく書房 芥川龍之介 河童
芥川龍之介「河童」のブックデザインをしました。


判型:四六判変形(H188×W118) 112p ペーパーファスナー綴じ
メインビジュアルはラムネ瓶を河童に見立てています。
青緑でぬるぬるしていて、清涼感があり、河童のお皿もラムネ瓶も割れ物。
「ビー玉=尻こだま」そこまでいうと、むりやりか。


表紙。H1(表)は、タイトルを入れず、ラムネ瓶だけを見せるようにしました。
カバーとは違う瓶の写真を使っています。


見返しと、カバーのソデにも、ラムネ瓶の写真を使っています。(どれも違う瓶)
H4(裏)側も同様。
少しづつカタチや色が違う、ラムネ瓶10本の写真を楽しむ事ができます。


本文組(中のページ)に関しては↓
続きを読む >>
| ぼく書房 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ぼく書房 夏目漱石 坊っちゃん
夏目漱石「坊っちゃん」のブックデザインをしました。


判型:B4変形(H188×W182) 140p ひも綴じ
カバーに穴をあけて、そこから、とじ紐の結び目を出しています。


表紙。
綴じ紐は写真のように、一度横に回しておくと、ページ数があるものでも、しっかり閉じれます。


H4(裏側)には、登場人物の名前を、タイトルロゴに合わせた色使いで入れました。

本文組(中のページ)に関しては↓
続きを読む >>
| ぼく書房 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ぼく書房 人間失格 太宰治
太宰治「人間失格」のブックデザインをしました。


判型:A5 160p ペーパーファスナー綴じ


集英社文庫 の「人間失格」(装画:小畑健)に対抗して、イラストを描いてみました。


帯文は「悲劇と喜劇の違いなんて 笑いながら泣くか 泣きながら笑うかぐらいサ。」
と、物語の一場面にかけて入れてみましたが、
この作品自体が「笑って泣ける」と思われるかもしれないですね。
そうなると、狙いと違ってしまうので、悩みどころです。
「悲劇と喜劇は紙一重」という意味にしたいのですが(悩み中)。
続きを読む >>
| ぼく書房 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ぼく書房 檸檬 梶井基次郎
梶井基次郎「檸檬」のブックデザインをしました。


判型:H160×W75 11p ホッチキス綴じ
千円札より1cm長いサイズ。
二つ折りにして、ポケットにねじこめる大きさです。

ページ数を出来るだけ少なくしたかったので、大扉無しでいきなり始まります。

本文:マティスM/11Q/20H送り
| ぼく書房 | 23:16 | - | - | pookmark |
ぼく書房 白痴 坂口安吾
坂口安吾「白痴」のブックデザインをしました。

判型:B6/52p リング綴じ
ページは袋綴じになっています。
表紙は、袋綴じの内側をベージュにして、表紙に空けた穴から、その色が見えるようにしています。



本文:筑紫明朝R/16Q/28H送り
天地(上下)のマージン(余白)はタイトにして圧迫感をだしたつもりです。


今は、梶井基次郎「檸檬」のデザイン中です。
| ぼく書房 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ぼく書房 とは。
「ぼく書房」というシリーズを始めました。
著作権の切れている小説などを、「ぼく」西村ケンジがデザインさせていただく企画です。
自分のブックデザインの鍛錬と営業活動を目的としています。
仕事ではないので、今は書店に並ぶ仕様ではなく、家庭でつくれる仕様を意識していますが、
今後は変わっていくかもしれません。
| ぼく書房 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |